トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

『社会学研究』第51号

高校生の方へ在学生の方へ大学院受験者の方へ社会人の方へ

『社会学研究』第51号(1987年12月15日)

特集「文化と教育の社会学」

  • 「東南アジアの女性―インドネシアとフィリッピン」 (佐々木徹郎)
  • 「イスラーム地域の教育とその近代化」 (豊田俊雄)
  • 「国家の相対化と国際社会学への接近―従属地域研究の視点からの覚え書き」 (小倉充夫)
  • 「構造と実践のあいだ―ピエール・ブルデューの場合」 (田原音和)

論説

  • 「ジンメルの近代的人間把握と「距離」概念―『貨幣の哲学』における「主体のありかた」の検討を中心に」 (菅野仁
  • 「社会システムの運動―普遍主義的要求に立つシステム理論」 (土方透)
  • 「新潟県一山村における「亭主役」と親分子分慣行―新潟県妙高高原町杉野沢地区の事例」 (佐藤康行)

海外だより

  • 「ベルリン750年祭の光と影」 (山本鎮雄)

書評

  • 石澤志郎著『ケースワーク序説』 (評者 遠藤恵子)

最終更新時間:2007年03月08日 02時08分11秒

1558 counts since Apr 2007

本サイト記載情報、リンクについて