トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

末良哲

高校生の方へ在学生の方へ大学院受験者の方へ社会人の方へ

末良 哲 (SUEYOSHI Tetsu)

末良哲専門は、都市社会学、地域社会学、ガバナンス論。東北大学文学部卒。現在、博士後期課程3年。

ボブ・ジェソップの国家論、レギュラシオン理論に基づき、ローカル・ガバナンス論のありようについて論じてきた。現在は、この視角から、地域社会の変動を見極めることを目標に、その理論研究、そして実証研究との接合を図っている。

 

主要業績

論文

  • 2002,「ローカル・ガヴァナンスの問題構制―B.ジェソップの議論を中心に」『地域社会学会年報 14 地域における『公共性』の再編成』85-108, ハーベスト社.
  • 2002,「企業家主義的都市の台頭とローカル・ガヴァナンス」『日本都市学会年報』36: 130-5.
  • 2001,「地方分権化の戦略と地方自治体のありよう―ガヴァナンス論の展開のために」『日本都市学会年報』35: 148-153.
  • 1999,「都心コミュニティの再生と創造」仙台都市総合研究機構『SURF』1: 34-38.(斎藤綾美、武田篤志と共著)

翻訳

リンク

研究カテゴリ

[都市社会学,地域社会学,ローカル・ガバナンス論]


最終更新時間:2007年01月25日 23時39分00秒

3416 counts since Apr 2007

本サイト記載情報、リンクについて