トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS10 RSS20 ATOM ログイン

『社会学研究』第104号

高校生の方へ在学生の方へ大学院受験者の方へ社会人の方へ

『社会学研究』第104号(2020年2月21日刊)

特集「社会運動研究の新基軸を求めて」

  • 巻頭言 「特集「社会運動研究の新基軸を求めて」に寄せて」(青木聡子
  • 「一九六八年と二〇一八年の間」(長谷川公一
  • 「 一九六八瓩涼政治化と社会運動論における敵対性の分析をめぐってー一九六八~一九六九年東大闘争から考えるー」(小杉亮子
  • 「公害反対運動の現在ー名古屋新幹線公害問題を事例にー」(青木聡子
  • 「社会運動論に「構造」的視点をいかに取り戻すかー再帰的なローカルナレッジとしての社会運動」(町村敬志)
  • 「構造論的アプローチと行為論的アプローチの融合ー社会ネットワークと集合的記憶を用いた考察ー」(野宮大志郎)
  • 「社会運動研究と民主主義研究の再統合に向けて」(安藤丈将)

論説

  • 「新中産階級ムスリム女性の労働と家事役割をめぐる意識ーマレーシアの私立大学の教員を事例にー」(安達智史
  • 「母親の教育期待の規定要因ー学校平均学力と学校の社会経済特性に着目してー」(鳶島修治)

書評

  • 小杉亮子著「東大闘争の語りー社会運動の予示と戦略」」(森啓輔)
  • 「書評に応えてー生活史聞き取りと予示的政治をめぐって」(小杉亮子
  • 牛渡亮著「スチュアート・ホールーイギリス新自由主義への文化論的批判」」(毛利嘉孝)

最終更新時間:2020年04月24日 13時15分46秒

1283 counts since Apr 2007

本サイト記載情報、リンクについて